スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
忘れないうちに... 
 
今日見た夢のことを書こうかと


はっきり言ってホントに雑記だから読まなくてもいいですよ(^^)

先に言うと今日の起床は16時半だた


んでは夢の話へ


舞台は自分の通う学校、でも内装は違いましたが、自分が通ってるんだから自分の通う学校です

周りの生徒は体操着だったからそーゆー時期だったのかも(何故か体操着が小学校のデザインだった)

何故か職員室に呼ばれてた自分

なんで夢のことを書こうなどと思ったのはこの職員室を出る時のことが原因です

何人かの女生徒と出入口ですれ違いになったんですが、

なんとその中にあの子がいるじゃないか!!!?

あの子とは、苗字がYから始まって名前がHから始まるあの子のこと

43「.........ッ!??」

驚いた、夢の中とはいえ、あの子が自分の通う学校にしかも“自分より下の学年”でいる!

夢を見てる最中は夢と思えてないんですよね

千載一遇のチャンスかと思った

声をかけるしかない!!

一度は自分の横を通り過ぎた彼女を振り返り両の手両の肩を軽く触れる形で引き止める

当然彼女は驚き振り返る

名前(フルネーム)を呼び、自分が相手を確かめ、相手にも自分を確かめさせなければならない!

お互い知った仲だということを!

43「ぁ、あの、○○さんだよね??」

............

うん、この時、何故か違う子の名前を言っちゃったんだ((((

で、でも、似てる名前の子だったんだよ!(苗字Aの名前H)

自分と違う名前を呼ばれた彼女は当然「違いますけど....」と言葉を残し、不思議そうな顔で去って行った

そこですぐに訂正できずに終わるのは自分らしいところ(

その場はそれで終わってしまった...

その後、またどこかで彼女に会った

同日だったので、彼女も自分に気づくとよそよそしい感じに

彼女はよそよそしくても自分は違う!!

先刻の失敗を取り返さねばならぬ!!!!

近づこうとする自分に、少し驚き、自分より少し遠退こうとするが、そんなことでは引きさがれない

もぅ一度!今度は間違えたことを謝りつつ、本来言うはずの名前を呼ぶのだ!!

43「ぁの、さっき....











こっから記憶ないんだなぁ((((


ということで、終わりぃ(
スポンサーサイト
 
No title 
 
そうだね、神様はきっといますよ(´・ω・`)
No title 
 
>師走さんへ

なんか響く一言ですね><

神様どうか会わせてーっ><
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://4335.blog32.fc2.com/tb.php/63-0f4ce90a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。